湯河原 湯かけまつり②道中前半(観光会館手前迄)

さてすっかりスイッチが入りまして神輿に合わせて進んでまいります。
そしてさすがに辺りはもう真っ暗で闇夜を照らす軽が大活躍。
気持ち良いくらいに描画される水しぶき。

そして俺は見逃さなかった。
「お嬢ちゃん、あかん!沿道の流れた水をすくって桶に貯めようとしたらあかんwww」

実際に掛けたかどうかは、、先に進んだので分からないw
掛けてないと思おう。

ここを超えたあたりでエクシブ湯河原離宮が目に入って
「お!エクシブ!!」と叫んでしまった。※参照初島旅行
ここやこの少し先もそうなんだけど沿道にポリタンクにお湯を貯めて掛けるってのはデフォルトなんだけど凄くいいなと思ったのはそれぞれの宿の前に有って浴衣を着たそれぞれの宿泊客がいっぱいいて両方が一体になって祭りを楽しんでるのがほんと凄くいいなと思った。
 
特にお宿宿泊組はゴールまで見に行かなくてもかりにずぶ濡れになっても
すぐ戻って温泉入れますしねw
でもほんとにこれは良い施策だと思う。観光って客は外側から”見てる”って一歩引いた行為だがこれは一緒になって”行う”と言う参加型。最近の言葉で言えば「コト消費」ってやつでこれを何年も何十年?もやってるって事だからね。
③へ続きます。

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)