LINEも正式参入

AIスピーカー 日本語対応先陣 LINE、停滞払拭なるか
2017/6/15 21:31日本経済新聞 電子版
LINEは15日、人工知能(AI)を搭載したスピーカー端末を今秋発売すると発表した。アマゾン・ドット・コムなど米国勢が日本語対応を終える前に「スマホの次」を巡る争いで先陣を切る。昨年の上場から約1年、今のLINEには業績にも株価にも期待されたような勢いはない。発売時期の早さにこだわった新端末は現状打開の一手となるか。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HZN_V10C17A6TI1000/?n_cid=NMAIL001

3月にスペイン・バルセロナで「Mobile World Congress 2017(MWC)」の基調講演で発表してたLINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、スマートスピーカーの「WAVE」。その詳細がプライベートカンファレンスLINE CONFERENCE 2017で見えてきましたね。
内容の詳細は
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1759
本家や各サイトにあると思うのでそちらへ。

サリー・ブラウン型のスピーカーも出すのかw

Amazon、Google、AppleにLINE。
AIの覇権争いはどこに軍配が上がるんでしょうかね。
車や家などをコントロールする事が出来るのは楽しみでありますが
IT業界とかそーゆーレベルじゃなく
住宅業界、自動車業界、もうぐちゃぐちゃに混じって行く。
既存の考えだけでは一気に転落も有りうるでしょうね。

購入したら載せてみたいと思う。

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)