熱海 別府温泉の恩返し ~7トンのお湯が別府からやって来た!~

あと少しで熊本地震から2年が経とうとしてます。

この「別府温泉の恩返し」と言うのは、

地震直後のキャンセル数人、推定11万人
被害総額 推定13億7,000万
平成28年4月に起きた熊本・大分地震の直後、観光客が減少した別府市を全国のお客様が支えてくれました。そこで地震から1年を機に、元気になった別府市から全国の一般家庭や施設のお風呂へ温泉を無料で届ける「恩返し」です。
別府温泉の恩返し【公式】より

と別府温泉(市)が一般家庭や施設に別府温泉のを配るものだそうです。
ちなみに応募期間(平成29年4月25日~平成30年1月31日)は既に過ぎました。



法被を着た方々などでお出迎え。
※写真では車が入って来るところを撮って無いので最後の動画で。

市長・副市長のスピーチの詳細は最後の動画で見れます。

熱海市長
(震災後)何か別府市を助ける事が出来ないかと11月に市長を含めて市民団61人が別府市に泊る事が一番別府市の為になるんだと宿泊した。そのみなさんがここにいます!(その方々が法被を着てる)


別府副市長

(震災後)大親友である熱海が一番最初に声をかけてくれた。
熱海から別府の発信をしてくれると。
ポスターパンフレットを持ってきてくれ。
そして観光に関わる方が別府をアピールしてくれました。
今日7トンの温泉を持って参りました。
11トンの熱海の温泉を持っていいですか?
明後日土曜日は別府で熱海の湯も楽しめます。

熱海市長、熊本副市長がどぼどぼと湯を注入。
 
どぼどぼ。
 

囲み取材。

こちらも。

「別府の泉をあなたの街に、施設に、自宅に、無料でお届けいたします。」
 

今日は足を浸ける時間は無かったので触っただけ。
また別の日に浸かってみます。
あったか~。

タオルが無い人は自販機で買いましょう♪
すぐ隣にタオルの自販機(1枚100円)が有ります。

では最後に動画でどうぞ。

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)
atmictのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)