引っ越したしスマート電子錠 (南京錠)を買ってみました (eGeeTouchの設定)

都心に比べ熱海は治安も良し、郵便物を漁られる心配は皆無に等しいと思っていますが、前々から興味があったので引っ越しに合わせてスマート電子錠 (スマート南京錠とも)を導入しようかなと思いました。

スマートロックは自宅を含め、会社やホテルなど扉のドア(ノブ)のキーのスマート化。

に対してスマート電子錠(スマート南京錠)は単純に、錠のカギの部分をスマート化って感じですね。

と言う事でイメージはついても一度も使った事無いので、まずはAmazonへアクセス。
そしたら出て来るわ出て来るわ、数千円タイプから1万ちょい、良いものになると数万ってタイプも!家を守る「スマートロック」はそれなりの金額を払って守ってもらおうと思いますが、郵便物の防御・そして購入1回目となればそう高いものはいらないので、

今回は約5千円の「eGeeTouchスマートトラベルロック(TSA南京錠)」をチョイスしました。
先日、到着して開封しました。

中に入っているのは南京錠とNFCタグ。
スマート化しているので基本はスマホで開錠しますが、このタグでも開ける事が可能です。
例えば一家なら子供やお年寄りなどスマホは所持してないけど持たせたり、スマホが万が一使えなかった時の為に財布(やキーケース)に忍ばせておくって言う予備的な使い方もOKですね。

ただまぁ正直なところ質感はちょっとしょぼいです笑
とは言えこれにその点は求めていないので

郵便物を守ってくれる強度さえあれば全然問題は無いです。

アプリインストールと登録

次にアプリをインストールし鍵の登録を行います。
Android / iOS

アプリを立ち上げたらまずはアカウント作成です。

このアプリに限らず知らない会社のアプリは捨てアド・捨てパスワード(ここだけのパスと言う意)で登録をし決して信用はしない事。(悪さをすると決めつけている訳では無くリスクは自分から軽減しておく)


登録が完了したらログイン。

位置情報を許可。

こちらがメインメニューです。鍵を登録するので「+」を押して

鍵のモデルを選択。(今回はスマートトラベルロック)

次にペアリングを行うために、鍵の電源を軽く押すように言われます。

赤い部分です。

説明の通りやってると何度が失敗したのですが、「1秒」と言うよりも「ちょん」と1回押す感じでやるとペアリングは上手くいきました。

鍵を複数設置出来るのでロックの名前を付けて(デフォルトのままでもおk)、初期設定パスワードを入れて(初回だけ使う見たい!?)

記載通り1秒意識しすぎて?、ペアリングで何度か引っ掛かったけど基本はこれだけなので簡単です。

最後に使ってみた感じ

 
十分に満足です。
この日はスマホを1台しか持ってなかったので施錠/開錠をしながら撮影できなかったのでベストショットが撮れて無いですがスマホ側で鍵を掛ければ、南京錠側でロックされ 
その逆も同様です。
 

郵便物の南京錠くらい百均のモノでもいい!って方には高くつきますが、何よりも鍵を所持しなくてもいいのは便利だし(ダイヤル式の場合は番号も覚えなくてよい)、施錠・開錠がスマホ操作だけで済むのは良いなーと思います。

また鍵を追加すれば郵便物用・〇〇用・△△用って感じで増えたとしても、1端末・1アプリで管理できるのは良いですね!
(ただ個人的にはこの質感なら2,980とか?かなと思ってしまうのでメーカー間で競争が起きてブラッシュアップされて行って欲しいですね。)

ご興味ある方は宜しければこちらからどーぞ。

↓操作しながら録画が出来なかったので鍵が掛かってる状態だけですが…

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)