お店の名前を変えました&キャッシュレスセミナー講師などを開始

この度、お店の名前を変更して来ました。

旧)InquiryCounterATMICT

から

新)ぬいぐるみのリムとラム熱海店

へ。

そして店舗名の変更って

もっとこう、手続きに手間がかかったり、手数料がかかったりと思ってましたが、意外や意外。営業許可書を持参し書類を書いて申請すれば終わりなんですねw


あっさり終わりました。

なぜ変えたか

理由はコレ1つって訳ではなくて色々あるのですが

InquiryCounterATMICTって何て読むの?読みずらい(笑)

と言われたりもしますが、理由があって敢えて付けた名前なのでそれでは無くて

強いて挙げるなら「状況が大きく変わりつつある」でしょうか。

状況の変化

2017年7月に出店を決意した頃と今とではかなり変わりました。

まずは4月の経産省キャッシュレスビジョン。次に政府のキャッシュレス政策(ポイント還元など)。あとは6月にLINEPayがQR決済で手数料ゼロ円で打ち上げ花火が上がり、その後のPayPay誕生とQR決済ブームと言うべき流れ。※経産省までは良かったけど政府のはうーん…もあるけど内容は一旦置いときましょう

ただキャッシュレスビジョンとLINE Payの決済ゼロだけならこの流れは無かったし、店舗名も変えてなかったでしょうね。

政府がついに口出しした事と巨大な営業組織を持ったPayPayの誕生

やはりこの2つですね。

国がこんな感じで動くとは思わなかったので、2020年のオリンピックに向けて尻上がりに加熱するイメージでしたから店舗の営業計画もそれに合わせるものでした。この流れは利用者側としては大歓迎なんですが、地方の小さなキャッシュレスカフェなんてどんどん埋没して行っちゃうのですよね。

ですから「キャッシュレスは当たり前」が自分の予想より早く来ると察知したのでもうそれを全面的に打ち出すのは止めようって気持ちも有ります。

キャッシュレスがトリガーとなって

モバイルオーダー・ロボット・無人店舗・生体認証・AI等々

こう言ったものが一気に加速すると思います。

更に

それと、

今度、横浜の飲食店さんやネイルサロンさんのキャッシュレス化のお手伝いをさせて貰ったり、某市観光協会にてキャッシュレスセミナー講師をやらせて貰う事になりました。

他は割愛しますが諸々と色々な条件が重なりまして店舗名を変える事にしました。

まぁ、店舗名以外は一切変わって無いですw


メニューも内装も外装も何一つ。

ただ看板やレシートなど対応しなければならないところは徐々に変えていきます。

そしてこの変更により12月の営業日が変わって来ますがまた追々。

※一部修正

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)
atmictのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)