お台場ヴィーナスフォートのVisaタッチ決済体験イベントでリストバンド型プリペイドカードをget

11月23日(金)、お台場ヴィーナスフォートにて先着1,000名の来場者に三井住友カードが発行するVisaのタッチ決済対応のリストバンド型のプリペイドカードが貰える、「Visa Future Experience in Odaiba」に行ってきました。

そもそもVisaのタッチ決済とは?

暮らしのさまざまなシーンで普及が進むタッチ決済。レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけで、サインも暗証番号も不要。スピーディーにお支払いが完了します。ご利用は、Visaのタッチ決済対応マークのある、全国の、そして世界のVisa加盟店で。詳しくはこちら

それではさっそく会場へ!

場所はヴィーナスフォート内2Fの一番奥の教会広場です。

開始の12時頃は約100人弱はいたでしょうか?(きちんと数えてないのでだいたいで

Visaのタッチ決済をVR&ウェアラブルで体験!

BMXのTeam Visa 中村輪夢選手によるパフォーマンスを360度のVRで体験しつつ、ウェアラブル(リストバンド型プリペイドカード)によるタッチ決済も疑似体験します

並んでる時にこの同意書にチェック入れ・名前住所などの記載をしました。

VRに関しての注意や、映像など素材として使用する事、あとは行おうと思えば1000円のプリカを何度も並びゲットして転売も可能ですからそのあたりも(多少は)含んでそうですね。

10名毎に受付側に行き、リストバンド・プリペイドカードウェアラブル・利用方法案内の3点を渡されます。

プリカウェアラブルは携帯のSIMカードの様な感じなのでパキっと外して、

リストバンドの中へ挿入して

腕に巻くように指示されます。

実際にはリーダーは無いし支払いもしませんが、腕に巻きVR疑似体験を行います。

それではVR擬似体験を



会場は上段に2カ所、下段に3カ所、BMXが用意されてるので順番が来たら空いてるカ所に促され、それに跨りVRゴーグル・ヘッドホンを装着しました。

VR体験中のイメージはこの動画をご覧下さい。

VRならではの臨場感が味わえました。

そして1分15秒あたりの様に『「かざす」タイミングが来ますから腕を差し出してお支払い』を2回行い疑似体験は終了です。

実際に支払う

ヴィーナスフォート館内で支払いに利用しアンケートを渡すとバッジが貰えると言う事だったのでセリアに行って電池を買いましたw

今欲しいものが無かったし、すぐに熱海に帰らなければならないので、、、

でんちいっこですみません…

リーダーにリストバンドをかざして

無事承認、支払い完了!

非常に簡単です。

ではもう1回

大急ぎで熱海に戻り、店番して貰っていた嫁とチェンジ。

このイベントが夏だったらさすがに行かなかったけど、冬の渚町は落ち着いてるし(=暇だし)、嫁に行って来なと背中を押されたので行きました。そのお礼を込めてタッチ決済でプレミアムロールケーキを買いにローソン熱海渚町店へ。

店員さんが初NFCと言う事でしたが無事に会計出来ました。

やっぱり簡単です。

チャージってどうするの?

何か特別な事をする訳でなく普通にプリペイドカード用のアカウントを作り

マイページからチャージをするだけです。

普段、三井住友のVPASSを使ってますが、このVPASSはプリカ用のモノなので従来と同じユーザーIDにしても大丈夫でした。

チャージを押してクレカかインターネットバンキングを選び入金します。(まぁ普通ですね

最後に

これで2回払ってみて、どちらの腕に巻くか、リーダーがどちらかによっては腕が大変な事になりますが、今書いてて思ったのが女性の時計の付け方の様に普通に内側に付ければいいのかなコレ。三井住友VISAカードと書いてる面を外に出す必要ないしw

やはりスマホすら出さないで支払えるのは楽ですし、プリペイド式っていう気楽さ?もありますし、これはこれで有りなのかな。最近の日本はちょっと変な感じでQRに加熱し過ぎてるところがありますが…どの手段であっても得手不得手はあるし、未来的には生体認証もやってくる話ですから、QRだけに拘らず色々なジャンルが切磋琢磨しより良いものを提供して欲しいですね!

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)
atmictのレクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)