当店のLINEで注文について(キャッシュレス決済導入なんて当たり前の事でレジとオーダーのスマート化も大切♪)

新年早々ご来店頂き、お客様に当店を色々と楽しんで頂きました。有難うございました!

オープンしてから約1年弱が経ち #LINEで注文 の運用方法のベースは変わらず、微調整を繰り返し現在に至ります。何の問題もなく、どころか非常に便利にオーダーを受けております。そしてお客様からの声も好評で取り皿やおしぼりが欲しい時もLINEからガンガンやってくれてます。(当初予定してた物件では無く現在の店舗は狭くなってしまったので実際には声でも通りますが笑)

東京に住んでた頃、ファミレスや居酒屋などで「〇〇を頼みたいけど言いずらいな」「くっちゃべってて気付かないな」とか思った事が多々あります。

また店舗側からすると「それで呼ぶ!?」や「さっき注文受けて持って来た。でまた言う?連続で言ってくれよ」ってあると思います。(後者は特に居酒屋

オーダーのスマート化

個人的に勝手にオーダーのスマート化と呼ばせて貰ってますが、最近の普通の言葉で言うとモバイルオーダーってやつですね。

キャッシュレス決済導入なんて当たり前の事でレジとオーダーのスマート化も大切だと思ってて、先月のセミナー講師の時も、先日の熱海新聞さんがお越し下さった時もお話してます。

もちろん従来から有るタブレット注文や、天空の月 渋谷店のAmazon Alexaでも良いです。また最近はスマホのアプリを使った「O:der」や「Putmenu」でも良いと思います。店舗運営において効率化出来る部分はガンガン行うべきかなと考えます。

(ここ数年の間に出た奴はだいぶ良いモノですが)結構前からあるタイプのタブレット注文ってUIが分かりずらかったりします。また上記のアプリも選択肢の1つとしては当然良いものですが、現状としてはまだまだ小中店舗が率先して導入するには厳しいです。利用者側から見ても普段使い慣れた自分のスマホ、そしてほぼ毎日触るであろうLINEから注文出来るのは便利だと思います。その為、約1年前からこの注文方法を導入し手段の1つとして提案しております。

お試し下さい♪

まずここから友だち登録して下さい。

次にテーブル番号を聞かれるので今回ダミーとして用意した「#99」を入力して下さい。

メニュー表はとして全部は載せれないので一例として「511」(リムのトーストアート)を入力下さい。

その他のオーダーとして上記を用意してます。おしぼり・取り皿は喜んで使って貰ってますね。次に曲調をRelaxも結構使われてます。照明変更はSNS映えさせたい人達に非常に人気です笑。

お会計の際は「010」を押して貰ってテーブル会計に伺っております。

悪戯やミス

「イタズラ注文があったらどうする?」
→その為のテーブル番号でありそもそもこの位置に座って無ければ偽物です。更に言うとこのテーブル番号は定期的に変えてるので全く問題ありません。また非表示も有ります。スタ連されたらブロックしてもOK。対象ユーザーの☆にチェック入れれば最上位に上がってきますし悪戯に関しては現状は問題無しです。(最終的に言っちゃえば嫌がらせをするのがいたとしてもそれはリアルでもヴァーチャルでも同じですしね)

「注文ミスはどうする?」
→約1年間運用してみて入力ミス等はたった数%でした。もしそうなったらその数%分を伺えば良いだけで、残りの約9x%分の時間的人員的なコストを削減出来たと考えたらめちゃくちゃお釣りは出てますから(うちにとっては)効果はありです。

二極化

将来は二極化すると思ってます。

特にここは観光地ですから旅先ならではのおもてなしの接客を求める方もいますし、逆に最近は過度なサービスを求めないって方もいます。また今後はAmazonGoタイプの無人店舗も続々登場して徹底的な効率を求められると思います。(コンビニで超おもてなしをされて行列が出来てしまうなんて誰も望みませんからねw)

昨年の10/18に以下3店舗をハシゴしてきましたが


未来の話だと思ってたこういった店舗がスタンダートになるのはもう直ぐです。そういった時代では接客態度の悪い・効率の悪い中途半端な店舗は淘汰されてしまい、特にAI時代が本格化した際には二極化して行くと考えます。(とは言っても仮におもてなしに長けた店舗であってもどんどんテクノロジーは注入されていくでしょう)

ですから今後もキャッシュレス決済導入なんて当たり前の事でレジとオーダーのスマート化も大切と店舗の方には提唱して行きたいなと思います。ぜひ疑似注文もしてみて下さい♪

追記:書き忘れましたが、先日のLINEとスタバのタッグの発表により、いよいよスタバでも事前注文&スマホ決済が可能になり行列不要が不要になる時代もすぐそこに。

LINE株式会社とスターバックス コーヒー ジャパン株式会社による包括的な業務提携締結について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001371.000001594.html

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)