ROBOTS.COFFEE(ロボッツコーヒー)に行きROBOTにコーヒーを入れて貰う

ロボットマートさん(こちら)の後向かったのが『ROBOTS.COFFEE(ロボッツコーヒー)』さん。ロボット連発です笑。

場所は

日本橋馬喰町にあります。

先ほどのロボットマートさんのとこから、配車アプリDiDi(こちら)を使ってタクシーで行ったので超楽ちん。現在、東京では試験中なのでぜひ使って見てはいかがでしょうか!?

お店へ

こちらのビルにあるお店で

1階には

テーブルが数個用意されてます。

内装はこんな感じで、珈琲マシンの部分もコード剥き出しで自分は大好きなタイプです。

この配線はどこに繋がるかと言うと店頭に用意されている注文用のタブレットの上部に線が見えると思いますが

注文を確定するとそのデータが後ろにあるコーヒーサーバーに届いて、人間が煎れるのではなくマシンが自動で注いでくれます。ここがロボッツコーヒーたる所以ですね。すげぇかっこいい!

そしてもう1つすげぇ!って言うのが

このタブレットと右側に見えるAirペイが繋がってますが、ご自分でシステムを組んで人間が操作する事なくお支払いまで持っていけます。

「すげぇ~!」

実はこのお店さんは

この運営会社さんが3階にありまして、本業としてこんな事や

こんな事をなさってるそうです。

全部納得ですね笑。

ちなみにわたくしはここの2階でコーヒーを頂いていたのですが

この右側に8人近くが座れる大き目のテーブルが有ります。

4人くらいでプログラムについて勉強会を開いている感じでした。1階におりてマスターに当たる方(当然個々の社員の方で1階を担当してる人でしょうか)に色々質問した時に、2階にいた人たちも社員さんだった事が分かりました。2階はオープンスペースみたいな扱いで、勉強会ってよりは普通に仕事をしてた訳ですねw

ではお支払い

まず当然ですが現金は不可です笑。

お支払いはタブレットから注文とセットになってるので下記の動画をご覧ください。

最後に

うちが昨年秋に店舗名を急遽変更をした時に理由をも触れましたが

ですから「キャッシュレスは当たり前」が自分の予想より早く来ると察知したのでもうそれを全面的に打ち出すのは止めようって気持ちも有ります。

キャッシュレスがトリガーとなって

モバイルオーダー・ロボット・無人店舗・生体認証・AI等々

こう言ったものが一気に加速すると思います。

昨年冬あたりからこの流れがガンガン来てますね。

そして他業種からの飲食業への参入はまだまだこれは止まらないと思います。

特に「エンジニアなどのそっち系のプロ」が今後も参入するでしょう。でもそれは悲観的になる事では無くて、これもいつもの二極化の1つだと思います。

そしてこの様なテクノロジー・システムが多く出るトコ、ある意味乱立して切磋琢磨する事によって生き残り競争が起きてより良いモノ・より安いモノになって行きますからね!

本当にこの先も楽しみだし、毎回毎回行かなきゃってところが増えて行く笑。

ROBOTS.COFFEE(ロボッツコーヒー)さんは今後のアップデートでオーダーに応じて各種の豆を混合した状態で淹れてくれたりするそうです。こちらにも注目してまた遊びに行きたいと思います。

スポンサーリンク
atmictのレクタングル広告(大)